CSR活動

ここから本文です。

『令和2年度全建賞(宮古盛岡横断道路(区界道路)整備事業)』を受賞いたしました。

岩田地崎建設はこの度、(一社)全日本建設技術協会主催の全建賞を受賞いたしました。
受賞対象事業は、以下のとおりです。
 
事 業 名    宮古盛岡横断道路(区界道路)整備事業
受賞機関     国土交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所
 
【事業概要と評価】
東日本大震災で被災した沿岸部と内陸部を結ぶ復興支援道路として、国道106号の隘路を解消し、
速達性の向上を図る自動車専用道路の整備。破砕帯や蛇紋岩等、困難な地質条件の中で、
切り羽の複数化や機械の大型化等により効率的な施工を実現し、品質確保を図った点が評価されました。
 
  
全建賞とは・・・
全建賞は、我が国の良質な社会資本整備の推進と建設技術の発展を促進することを目的に、昭和28年に設けられ、昭和29年に第1回表彰が行われました。
日本の社会経済活動を支える根幹的なインフラ整備や、その時々の国民ニーズに沿った幾多の取り組みに授賞がなされ、歴史と伝統のある賞です。

本文ここまで

ここからサブメニュー

岩田地崎建設の取り組み

サブメニューここまで

ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー